えひめ丸
あの忌まわしい事故(事件)から1年の時が経ちました。
日記を
つける習慣のない私ですが 私の中でどうしてもあの事件だけは風化させてはいけないと思い、1年が過ぎ、区切の日に想いなどを綴ってみました。

昨年の1月に宇和島市で市長選挙が行われました。その時 友人の武田君が発起人となり「市長選公開討論会を実現する会」が発足し 宇和島市民約120名がメーリングリストに登録、今後の市政に望む事等が 活発にML内で意見交換されていました。 市長選も終わり、そのまま残っていたMLに突然入ってきた信じられないニュース。 衛星放送のニュースをつけると同時に アメリカのCNNのサイト等を見に行ったのは言うまでもありません。

その間にも次々と入ってくるMLからのメール、サイトで少しでも新しい情報が入るとその情報を流す日々が2〜3日続きました。 3日が過ぎた頃から受け取るだけの情報の内容が少しおかしいのではとの声が上がり始めました、CNNでもABCでもニューヨークタイムズですら水産高の実習船の事を[Fishing Vessel](漁船)として表現していたのです。
高校生が乗る実習船をただの漁船として表現されていた事で アメリカでのニュースサイトの中のBBSに信じられない書き込みが目立ち始めました、「真珠湾の入り口で日本の漁船が操業している事がおかしい」とか 挙句の果ては「海の底を洗い浚い取ってしまう日本の漁船に天罰が下ったのだ」等です。 

日本の報道機関や外務省はこれらの誤った情報がアメリカ本土で流されている事に何のアクションも起していない様でした。 我々が我慢の限界に達したのが事件発生後五日目に耳にしたニュースでした。 捜索がまもなく打ち切られると。

何かをしなければの思いが募り 簡単な英語で[The Voice of Uwajima]と言う我々の思いを込めたサンプルサイトを作り、MLで知恵の集結を求めたところ、数人の協力者が名乗りを挙げて頂きました。その晩にはフェリーで宇和島に向い、宇和島に着くやいなや会議が始まりました。 集まって下さったメンバーは 当時宇和島のJCの会長をしていた武田君、「瓦版南予」というポータルサイトの管理人の梶原さん、宇和島に住むWebデザイナーでイギリス人のアンドリュー、とその夫人の冨士子さん そして私の5人でした。 早くしないと捜索が打ち切られてしまうの思いで何をどの様にすべきかが話され、その日の夜10時には市長もその会議に加わって頂きました。

会議でまとまった内容は 被害にあった実習船は漁船では無く、訓練船だと主張する事。

もし仮に遭難して命の保障が無くても日本では海難事故の場合、2週間は捜索を継続する、その理由として一度海底に沈んでしまった体は1週間から10日後ガスが体に溜まり、一時的に海面に浮上するという事実。

キリスト教徒の感覚とは別に我々日本人の仏教思想ではbodyそのものに強い思い入れが有るということ。

宇和島市の公式サイトにこの声明文を載せる事。

市長自らが英語で呼びかけを行うと言う事。

12時には会議が終わりアンドリュー夫妻に英訳、Webデザインが託されました。
翌日、分刻みで行動されている市長に英語での声明文を録音して頂く為、公務で南宇和郡を訪れていた市長の車に原稿を届けなければなりませんでした。 市長が帰り道に通る内海村のDE・あい・21に原稿メールを送り、そこでメールをプリントアウトしてもらい、拡大コピーの後市長が原稿を受け取る手はずを整えました。 帰りの車の中で何度も原稿を読んで頂き、宇和島に戻られた市長に 市役所の5階にある電算室(コンピュータールーム)で録音が始まりました、4〜5回に渡り発音の指導をして 録音が終了、そのデータを梶原さんにメールで送り音声変換された物が再びアンドリューの家に送られ、サイトが完成。
直ちに市長名でアメリカの大きなメディアに向けて発信されました。 アメリカのCNNのサイトにも[The Voice of Uajima]へのリンクが貼られ、その後は各アメリカでのメディアのこの事件に対する捉えられ方に少しですが変化が生じました。

事件の後、何かをしなければならないとの思いが 友人達の知恵と力によって完成されて行った事は一生忘れる事が出来ません。
私としての一仕事が終わり、やっと落ち着いた頃に悲惨なニュースが飛び込んで来ました。
行方っ不明になっている「水口君」の母親は私の高校生の時の同級生だったのです。
それも事件の5年前に高校卒業20周年の同窓会で幹事をしていた私を助けてもらっていたクラス幹事の水口さんのご長男だったのです。

昨年の秋には船内捜索が始まり我々同窓生は水口君の発見を心より願いましたがそれも叶わぬ夢となりました。 
水口君のご冥福を心からお祈りすると共に二度とこの様な悲惨な事件が起こらない様に願うだけです。
  
                                  
合掌
                                2002年2月11日