コレが    コレ
左の写真は直接布の上に商品を置いて撮影しました。布の織り目と影が気になります。右の写真は商品が「宙」に浮いている様に見えるため、商品その物が強調されてますネ。仕掛けは簡単!用意するのは 布(今回は紺色のサテン)とサインペンのキャップ、そして商品だけ。 下の写真の様に キャップを立てて上に商品を置くだけ。
簡単すぎて、たったコレだけ。と何かだまされた気分じゃないですか? 勿論フラッシュは使わず、晴れた日の昼間に窓際の直射日光のあたって無い場所で撮影。 
鏡面磨きされた指輪を撮る
ピカピカに磨き込まれたジュエリー。 いざ写真を撮ると下の写真の
様にカメラのレンズや手、自分が着ている服まで写ってしまう経験
をした方もいらっしゃると思います。

      

画像が小さい場合、デザインの1部と間違う可能性も有ります。
せっかく 磨いたのに写真がこれじゃあ作品が可哀相です。

そこで、どうすればこの『写り込み』を軽減する事が出来るのでしょうか?

答えは簡単。他のモノを写り込ませれば良いのです。

下の図をご覧下さい。 仮に鏡を写真撮影するとします。
鏡を撮影するのに、鏡の正面から撮影する人はいません。
自分自身が写ってしまいますから。 斜めから撮影して
他のモノ(景色であったり、壁であったりしますが)を鏡に
写り込む様に撮影します。

         

鏡面磨きされた作品を撮る時も同じです。 上の右の図の様に
斜めから撮影し、尚、わざとに他のモノを写り込ませるのです。
鏡面磨きした銀ならば 白い紙か薄いグレーの紙が良いでしょう。


そうすれば 下の様な写真になります。
今回は手短に有った、白い紙を利用しましたので
作品が少し白っぽくなってしまいましたが 色々な
色の紙を使って実験をしてみて下さい。

   

カメラを引いた状態で全体を見てみると

プリント用のA4用紙を 作品を覆う様に左手で固定して
右手にカメラを持って斜めから撮影しました。 

プロが撮影する時は 円筒形にしたトレーシングペーパー
を作品を覆い、照明を当てて もっと素敵な写真に仕上げますが
ここでは 簡単に手抜きで 出来るだけプロの技に近い撮影方法
を紹介しています。 ですから、上のリングの写真の様にリング上部
左側に少しだけカメラのレンズが写り込んでいますが 最初に紹介
した2枚の写真よりは 作品の状態が良く写っていると思います。
昼間、自然光は入る窓辺での撮影ですから フラッシュや照明は
使用していません。(手抜き撮影です。)

銀の質感をもう少し出したい場合には斜めから蛍光灯を当てれば
輝きが演出出来ますが、今回は写り込み対策が主題ですので
その部分はカットしました。
ちょっと上級テクニック
他の物を写り込ませるとは言っても 被写体が丸くなっていると どうしてもカメラが写ってしまいます。そこで モニターを見ながらカメラが写っている場所にスポットライトの光を当ててやれば良いのです。ライトの当たっている場所は白くなりますがカメラが写るよりマシです。 しかも銀の光沢や質感も得られ一石二鳥。 ただし光の強さにはご注意。



時間とお金とこだわりがある方は google検索で [撮影方法 ジュエリー]
と入力して下さい。プロの技が紹介されたサイトが見つかります。
カメラ選びが撮影のウデを左右する
値段の高いカメラなら大丈夫と思っていませんか?
A4サイズのカラープリントを残しておきたい方は画素数の大きな高級機種をお薦めしますが ジュエリー等の小物を中心に撮影される方は「マクロ」で何センチまで寄れるかを
機種選びの基準として下さい。 又ホームページ用の写真を中心に考えるのでしたら100万画素でも充分です。  
マクロ」とは接写の事です 被写体に何センチまでよる事が出来るかが重要です。  8万円以上する高級機種でも「マクロ」で15cmとか20cmしか寄れないカメラが有ります。やはり「マクロ」は5cm以下でほしいですね。  私の場合機種選びの際、手持ちの\100硬貨を撮影して比べてみました。 \100の大きさは丁度女性用の指輪の大きさで 又 金属の色の表示を見るのには便利でした。  

それでは 「マクロ」で3cmまで寄れるのと 15cmまでしか寄れない違いは何処に有ると思いますか?  それは 「ぼかし」効果にあります。 焦点が合った作品から3〜4cm後ろに有る物はぼけて映ります。 つまり焦点を合わせた作品を強調する事が簡単に出来ます。 15cmまでしか寄れないカメラの場合 この「ぼかし」効果が得られ難いのです。
勿論貴方が カメラに詳しければシャッタースピードを早くする事で調整は出来ますが、今からカメラ選びをされる方は 画素数より「マクロ」を重要視された方が良いのではと思います。 


次にレンズの大きさも大きなポイントです。
持ち運びには小さくて軽いカメラが便利ですが、ジュエリーを撮影する場合には 大きなレンズが付いたカメラを選びましょう。
小さな被写体を大きく写すのですから 写真に明るさと遠近感が出るレンズが必要です。

携帯電話に付いている500万画素のカメラで撮った写真と、大きなレンズが付いた一昔前の130万画素のデジカメで撮った写真を比べて見れば一目瞭然。
立体感や質感で見ると一昔前の130万画素のカメラで撮った写真の方がず〜っと綺麗です。




<<<<<<<<<<<<<<サイト内リンク>>>>>>>>>>>>>>

真珠の部屋

HOME (フレーム有り)初めての方に* 店の地図賢い真珠の買い方展示会情報花珠* 

あこやケシLinks掲示板職人の技バロック真珠通信販売法に基づく表示管理人室
----------------------------------------------------------------
銀の部屋

内海村パールジュエリーデザインコンテスト関連コンテスト雑感コンテストの審査方法

ジュエリー/真珠・写真撮影のコツ基礎と指輪を立てる裏技鏡面磨き作品の撮り方他

すりガラスを使って撮影失敗写真の傾向と対策指輪の写真の撮り方指輪を立てて撮る

アートクレイ作品写真集真珠製品写真集真珠に穴をあける方法1個からの通販


彫金素材としての真珠 HOME (フレーム無し)


------------------------------------------------------------------
四国・宇和島  真珠専門店 アミ エ シン パール

798-0010 愛媛県宇和島市藤江1349-1  電話(0895)23−8700
定休日:火・水曜日(但し国民の休日は除く) 10:00 〜 17:00

メール: info@shinjuya.com